2007年08月21日

コールドクリームとは

 コールドクリームとは何かなんて今さら聞く人はいないでしょうが、スキンケアに興味のない人は、はっきりと知らないかもしれませんよね。
「コールドクリームとは何でしょう」と聞かれると、「え、それ何に使うクリーム?」なんてリアクションの可能性もありますよね。
まあ、「コールド」と名前についているから、「コールドクリームとは」と問われたら、「冷たいクリームかな」ぐらいは言えるかもしれませんが、それはそれで正しい答えなんですよね。
もともとコールドクリームとは、お肌に塗ったときに冷たい感じがあるから「コールドクリーム」と呼ばれるようになったということなんです。
 成分の面から見ると、コールドクリームとは、油類(ミネラルオイル、オリーブオイル、ワセリンなど)に水や乳化剤、香料などを加えて作るクリームで、使い道は、クレンジングやスキンケアなど、様々なことに応用できるのです。
 インターネットなどで好評のアベンヌシリーズのコールドクリームを例に挙げてみましょう。
ミネラルオイル、温泉水、ミツロウ、香料などが成分として含まれています。
ミツロウや温泉水などが、他のコールドクリームとは違うという差別化を図るポイントになっているようです。
このコールドクリームは、顔にもボディにも使用可能な刺激が少ないクリームであるという点もメリットとして強調されています。
 多くの用途に役立てることができるということも、「コールドクリームとは」という質問の解答の一つだといえるでしょう。
posted by コールドクリーム at 15:27| コールドクリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。